パシーマQ&A

もくじ


[▲目次へ]
Q パシーマって何ですか?
初めは、ットに、シーツに、ットにも使えることから、命名しました。
これを使うと()、も心()も、たされることに気付きました。
綿毛布、タオルケットに代わる新しい寝具です。
清潔なアンダーケット(掛)として好評で、もちろん、シーツ(敷)としても適しています。

第45回福岡県発明考案審査会で特賞受賞。
        脱脂綿とガーゼを応用した新しい寝具    パシーマ



<<安全>>
「エコテックス」クラスⅠ認証
エコテックスは世界規格です。人に対する有害物質を含みません。クラスⅠは最も厳しい乳幼児製品です。赤ちゃんがなめても安心なことが保証されました。寝具でクラスⅠは日本で最初の認証取得です。
清潔素材
衛生材料と同じ行程を経て作られ、100℃で煮て150℃の熱風で殺菌します。また、洗濯による毛羽発生も最小です。ですから、綿毛が飛散せず、ほこりがを抑える効果があります。
無添加
アトピー、アレルギーに最適です。蛍光増白剤はもちろん、柔軟剤や、各種仕上げ剤を用いていません。もちろん、糊も使っていません。色物も安全な染料で淡色に。

<<快適>>
うれしい肌ざわり
~洗濯するほど気持ちいい~洗濯するとソフトな風合いがでてきます。ますます、吸水性能も向上し、ガーゼのもつソフトな肌ざわりが楽しめます。
軽い
冬は羽毛ふとんの内側に使って快適です。軽くて、ふとんがずれません。そして洗濯ができます。
快眠
~ここちよいねむり~手足のあたたまりが速く、夏も冬も、布団内の理想の温度・湿度を保ちます。眠りにつきやすく、睡眠維持が良好です。起床時の快適感にも優れています。免疫力アップも
高吸水性
~夏さわやか~構成素材からお解りの通り、吸水性が抜群です。綿毛布、タオルケットの150%以上です。これで暑い夏も蒸れません。
保温性
~冬あたたかい~ふつうのふとん綿(生の綿)に比べ、脱脂綿は150%以上の高い保温性を示します。パシーマ中綿は、更に高い保温性を示しました。
ほこりがすくない
~赤ちゃんの指の股をみてごらん~汗かき赤ちゃんの指にわたボコリがたまっていませんか。 パシーマならこれが少ないのです。

<<取扱簡単>>
ネットなしで洗濯できる
~いつでも清潔~丈夫なキルト糸を使用し、中綿は乱れない補強構造です。洗濯するほど、ダニアレルゲンなども除去できます。洗濯100回以上OK。
速乾性
~洗濯後の乾きが速い~内部の水分を外へ外へと持って行きます。また、洗濯により中綿がふんわりふくれてきます。晴れた日なら2~3時間で(パシーマキルトケットシングル)で乾いてしまいます。
押入れいらず
洗濯したその日に乾き、予備がなくてもだいじょうぶ。夏も冬も快適に使えるので押入れいらず。
[▲目次へ]
Q 綿毛布、タオルケットとの違いは何ですか?
■精製の程度が違います。マスクでも臭いがしませんか?
マスク以上のレベルです。医療用の脱脂綿、ガーゼと同様の製造方法を用いていますので、清潔、純粋。

■吸湿性が1.5倍以上。水滴をたらしてみてください。
よく精製されていますので、せんたく前はもちろん、洗濯後でも、綿毛布などの1.5倍以上の吸水量があります。

■三層構造になっています。中が「わた」だから軽い、あたたかい、乾きがはやい、通気性も
表と裏がガーゼ、中央が脱脂綿を主体とした中綿を入れた三層構造になっています。
中綿は乱れないように強化され、また、丈夫なキルティング加工され、洗濯にも耐えます。

■毛羽がとれにくい。赤ちゃんの指のまたに綿ボコリがたまってませんか?
太い糸を用いたり、毛を立てたりしていませんので、綿毛がとれにくい構造になっています。
ガーゼは40番手の上等を使ってますので、毛羽が出にくいだけでなく、肌ざわりもソフトです。

■軽くて、あたたかい。冬こそパシーマ
ふとんわたの綿より、脱脂綿の方が保温率が高いことがわかりました。
綿毛布やタオルケツトに比べ2/3と、軽いのが喜ばれます。

■乾きが速い。天気がよければ2~3時間で乾きます(パシーマキルトケットシングル)。
洗濯後の乾きが、速いことがわかりました。
中綿がふんわりふくれて、また、内部の水分をガーゼに伝え乾きを促進させます。

■無添加、安全です。世界規格のエコテックス取得。
赤ちゃんがなめても安心なクラスⅠ

脱脂綿、ガーゼの製法を用いていますので、安心です。
もちろん、蛍光染料をはじめとする各種仕上げ剤は、用いていません。
ですから、アトピーの方にもおすすめです。



異物を極限まで除いた清潔な
    脱脂綿、ガーゼが主体
        だから、アトピーの方にもおすすめです。


組  成 原   綿(ふとん用の綿) 精練漂白後の内容(脱脂綿)
セルロース 80~85% 99.1~99.5%
ワックス、脂肪酸 0.4~1.0% 0.01~0.15%
灰分 0.8~1.8% nil.
ペクチン 0.4~1.1% nil.
蛋白質、窒素 1.2~2.5% nil.
ピグメント、レジン 3~5% nil.
水分 6~8% nil.
nil.=nothing(なし)

[▲目次へ]

Q 通常のガーゼケットとどうちがいますか?

■中綿がちがいます。
中綿に医療に用いられる脱脂綿を使用しています。そのため吸水・吸湿・放湿・通気性にすぐれ、快眠が得られます。通常分は、表示によるとポリエステルが多いようです。

■ガーゼがちがいます。

表面のガーゼもちがいます。ガーゼについても医療用のガーゼと同材質で、同等に精製していますので、鼻をつけて臭ってみていただくとわかります。糊料その他の不純物のいやな臭いがせず、無臭の快を感じます。

■キルティングがちがいます。

針目を見比べてください。パシーマの針目は通常寝具の針目の約半分です。パシーマは洗濯を前提に作っていますので、キルティングの針目、糸の強度を考えています。100回の洗濯のみで切れることはありません。

■これらのことによって

吸水・吸湿・放湿性にすぐれたパシーマは(カタログ参照)、眠りにつきやすく、睡眠感がよく、リラックスできることがわかっています。(付3) パシーマの研究結果について参照)
※通気性だけでは、快適な状態になりません。
吸湿性と放湿性を伴うことで快適な湿度にコントロールされます。


[▲目次へ]

Q 洗濯できますか?
■洗濯機で洗えます。
■中綿が偏らない強化された中綿です。
■キルティングが丈夫にできていますので、約100回以上の洗濯に耐えます。
■ヘムもほつれにくいインター付オーバロック加工。
■乾きが速く、洗濯が楽です。
■洗濯するほど、風合いがよくなります。
■週1回ぐらいの洗濯をお勧めします。
■蛍光増白剤含む合成洗剤使用では、淡色のため、色が白っぽくなることがあります。
■柔軟剤や柔軟剤入洗剤はおすすめしません。吸水性が悪くなったり、ガーゼが柔らかくなり破れやすくなる場合があります。
■石けんの場合、石けんカスが再付着しないように十分すすいで下さい。


■速乾性がうれしい■
  寝具からダニ抗原を除くには
    丸洗いが有効とされています。
      パシーマは乾きが速い!
        お洗濯もらくらく
          ネットに入れずに、折りたたまずに



[▲目次へ]

Q パシーマはなぜ冬暖かいの?
■パシーマの中綿が優れた保温性を示します。
パシーマは一種のふとんです。綿ふとんわたと、それを脱脂精製した脱脂綿とでは、脱脂綿の方が50%以上高い保温性を示し、パシーマの中綿は15%のポリプロピレンを加え更に高い保温性を示しました。
■適度の通気性があります。
保温性だけではあたたかくありません。人体が酸素に触れて産熱作用を発揮してはじめてあたたかくなります。パシーマには適度の通気性があります。
■吸湿性に優れています。
吸湿性がよいと言うことは人体から発汗した水蒸気が繊維の中に水分として吸湿する際 発熱することです。ですから、よく乾かして使用することがパシーマのあたたかさを更に引き出します。
■体に密着しません。
驚かれるかも知れませんが、体にピッタリとはりつくより、少し隙間がある方が保温性が上がります。パシーマはガーゼのデコボコ感や、軽さと厚みのため、密着しません。そのため予想以上の暖かさと開放感を感じます。
■かるくて、あたたかい。
おもさは、綿毛布、タオルケットの60~70%です。
保温率 JISL2001
綿ふとん綿(綿100%) 脱脂綿(綿100%) パシーマ中綿
保温率 25.4% 41.5% 46.9%
(福岡県工業技術センター調べ)


[▲目次へ]

Q パシーマはなぜ夏さわやかなの?
夏、タオルケットが体に巻き付くことはありませんか。これは、汗を吸収せずに、表面がベタベタした状態になって体に巻き付いたのではないでしょうか。体に巻き付くと肌とケットの間に空間が出来ず、暑苦しくなります。
パシーマの夏の快適さは、通気性とサラサラした乾燥した肌ざわりです。また、肌との間に適度な空間を保ちます。
パシーマなら身体の汗を吸いとって表面へ放湿し、肌をいつもサラサラの状態にします。同時に表面からの放湿に伴う冷却作用があります。 冬は保温性に優れるパシーマが夏さわやかなのはこのためです。ですから、パシーマはオールシーズンのやさしい寝具なのです。

夏の高温では、発汗が多く、内部の湿度が高くなります。 パシーマは吸湿性・放湿性が良いことから、パシーマはそれを吸湿し、外部へ放湿します。その作用によって冷却されると共に、内部の湿度を下げます。 冬の低温では、発汗が少なく、湿度は低くなり、パシーマは保温に作用します。 このようにして、パシーマは自動的に寝床内の快適温度33度、湿度50%近くを保つのです。丁度、正倉院の校倉造りのようですね。


夏はかるくて、さわやか
脱脂綿は、”吸い取り綿”といわれるほど吸水性がよいことて知られています。
汗も熱気も吸い取りすこやか!


[▲目次へ]

Q アトピーの人にはどうですか?
<<アトピーの方々には特におすすめします。>>
■アレルギーの原因物質はアレルゲンと言います。
アレルゲンは口から(食物から)の他に呼気や、皮膚 から人体に侵入してきます。後者の二つの侵入経路は環境を清潔にすることでアレルゲンを絶つことが出来ます。アレルゲンの主なものはダニの死骸や糞です。

■厚生省の白書によれば、ダニアレルゲンを寝具から除くには寝具の丸洗いがよいとされています。
パシーマは、この丸洗いが洗濯機で気軽にできます。

■また、蛍光増白剤や柔軟剤などの各種仕上げ剤がアレルギーを引き起こす人もいます。
脱脂綿、ガーゼを主体としたパシーマはこれらのものを使用していません。

■ダニも通らない布団カバーは、寝具としての性能を阻害しています。
基本に戻って、ダニをいつも洗い流せる、良質な寝具としての性能を持つパシーマをおすすめします。



[▲目次へ]

エコテックス規格100について
赤ちゃんが口に含んでも安全なレベル     寝具で日本初!
■「エコテックス規格100」ってなに?
エコテックスは繊維製品の安全性テストを実施するスイスに事務局のある国際共同体です。 エコテックス規格100は、今や事実上の世界規格で、その定めた規格に基づき、試験され認証された製品は、人の健康に害を与える有害物質を含んでいないことを保証します。

パシーマが 「エコテックス規格100」クラスⅠ((乳幼児用製品))の認証を取得!!
商品、原材料製品と付属品類 製品分類
乳幼児用(生後36ヶ月未満) 最も厳しい安全性基準 クラスⅠ
肌に直接触れる物 ブラウス、シャツ、下着、タオル、寝装品、ベッドシーツなど クラスⅡ
肌に直接触れない物、一部のみ触れる物 背広、ジャケット、コートなど クラスⅢ
家具・備品用素材、装飾用の目的で使用する物 カーペット、カーテン、マットレス、布製壁紙など クラスⅣ
■「クラスⅠ(乳幼児製品)」ってなに?
エコテックス規格100の製品分類は、使用される危険度によって分けられています。 製品分類Ⅰ(クラスⅠ)は、ベビー用品に関するもので、乳幼児はなめたり吸ったりすることから、最も厳しいグループです。 例えばホルムアルデヒドに関しては、測定値が検出限界以下である事が要求されます。つまりこの物質を含む加工は、実質的にはできないと言うことです。
又、pH値は肌に最も優しい範囲に決められており、染色/プリント品では乳幼児がなめても色素が流れ出ないように、唾液に対して堅牢であることも必要です。
このように製品分類は、肌への接触が多いものほど、厳しい要求になっています。

試 験 項 目 安全性保証ラベル
●ホルムアルデヒド ●農薬 ●PVC可塑剤(フタレート:乳幼児商品) ●有機スズ化合物(TBT及びDBT)
●抽出可能重金属:Ni,Cd,Cr,Cr(6価)等 ●揮発性物質放出●染色堅牢度(汚染) ●有機塩素系キャリア
●発がん性、又はアレルギー誘発性染料 ●禁止されているアゾ系染料
●塩素系フェノール ●pH値 ●殺生物加工と難燃加工は別個に規制 ●臭気
合格した製品についている安心のラベル


[▲目次へ]

付1) パシーマ利用の睡眠健康法
■人は寝ている間に成長したり、病を治すホルモンを出したり、免疫力を回復したりすることが分かってきました。 睡眠は、健康の基本です。また、はだかで、寝ることがストレスを解放し、人体の産熱作用を高め、健康に良いといわれています。このとき、パシーマをシーツに1枚、パシーマを上に1枚掛けていただくと最適です。パシーマの特徴が引き出されます。冬場はその上から、好みのふとんや毛布を掛けてください。

■好みの問題もありますが、固めの布団で寝ることは健康に良いことがわかっています。寝ている間に背骨の曲りを正し、腰痛の予防に、敷布団として平床寝台の利用をお勧めします。腰痛の人は、指で押して2cm以上沈み込む布団で寝ていると腰痛が再発すると言われています。平床を用いると内臓の働きも活発になります。

■同時に、頸椎の副脱臼や肩のこわばりを防ぐのに、龍宮枕(硬枕)の併用が効果的です。

■パシーマの特徴を利用したパジャマ類もございます。



考案者の体験では、20病をかかえた75歳より始めて、80歳にして気付いたときには、無病息災の健康体になっていました。


[▲目次へ]

付2) アレルギーについての予備知識
■アレルギーとは
「変わった反応」というギリシャ語で、抗原抗体反応という免疫学的なメカニズムに基づいた生体に不利益をもたらす病的な反応を指す。Ⅰ型からⅣ型までの4つに分類される。アトピーとは遺伝的傾向の強い過敏症を起こす体質を指す。
■原因物質がアレルゲン
アレルゲンは、数多くあり、まだその全てを調べるのはムリである。アレルゲンは人によっても違い、同じ人でも成長と共に変化したりする。乳幼児での五大アレルゲンは、卵、牛乳、小麦、米、大豆と言われている。しかし、成長と共に、ハウスダストやダニがアレルゲンの主なものになっている。
■アレルギーの現状
アレルギー様症状を示す人は3人に1人と言われ国民病となっている。特に、都会の乳幼児では2人に1人の状態と言われている。以前は、成長すると自然に治ると言われていたが、最近では、なかなか治らなかったり、大人になってアレルギーになる人もふえてきた。乳幼児のアレルギーは、成長と共にアトピー性皮膚炎から、ぜんそく、鼻炎と移行することがある(アレルギーマーチ)。ぜんそくのときは死亡することがある。
■アレルギー対策
薬物による治療や、食事による治療や、環境を整えることが対策となる。根本はアレルゲンの除去で、寝具の丸洗い(洗濯)、日干し、ほこりの吸取り。ケアとしては、体を清潔にし、皮膚を鍛える。タバコや石油ストーブに注意し、ペットを遠ざけ、寝具素材(各種助剤のないもめんなど)や手入れに注意するなど。


[▲目次へ]

付3) パシーマの研究結果について  (生理人類学会 第46回大会発表)
「寝具素材の違いが睡眠時の人体生理に与える影響」
寝具にパシーマ、パシーマねまきを用いた場合と、タオルケット、敷き布団、ティシャツ、短パンといった普段使用している寝具を用いた場合について比較研究しました。
■直腸温について(図1) 左図のようにパシーマ類を使用した場合は直腸温がうまく下がり、寝つきやすく、体内の熱をうまく放出でき、良い睡眠に導いていることを示しています。
■睡眠感について(図2) パシーマ類の使用でいずれも良い結果を得ていますが、特に寝つきがよく(有意)、夜中の目覚めが少なく、ぐっすり眠れることがわかります。
■生理反応について(図3~6) 尿中に排出されたアドレナリン、ノルアドレナリンを測定した結果パシーマ類の使用で有意に低く、ストレスがなく、リラックスできていることを示します。血中の急性期(体内で組織修復、炎症反応の際血中で大きく変化する血清タンパクの内、血中濃度が25%以上変化するもの)のAGP,Tfについて調べた結果はパシーマ類でAGPで低く、Tfで高く出ます(有意)。急性期タンパクのAGPではストレスがかかると増加し、Tfは減少するものです。このことからも、パシーマ類の使用でストレスがなくリラックスできることを示しています。


[▲目次へ]

付4) ストレスについての最新情報
■近年、大人のアレルギーの原因の中で、ストレスが大きく取り上げられています。

■ストレスは、それが物理的であるか、心理的であるかによらず、

1 交感神経が働いて、副腎髄質を刺激し、大量の副腎髄質ホルモン(アドレナリンやノルアドレナリン合わせてカテコールアミン)の分泌を促す反応をする。これにより、血糖値の上昇、血圧の上昇、消化管活動の抑制、瞳孔の散大化がおこる。
2 視床下部ー下垂体ー副腎皮質系を活発化させ、副腎皮質ホルモン(副腎皮質から分泌されるステロイドホルモンの総称、コルチゾール)の分泌を促す反応をする。これにより、全身にストレスを引き起こす。作用は濃度により異なるが、傷害に対しては、抗炎症作用があり、比較的高濃度では、免疫抑制作用がある。合成ステロイドはアトピー性皮膚炎などの抗炎症剤として利用されている。


■心身にさまざまなストレスを受けると免疫のバランスが崩れて、アレルギー疾患(気管支喘息やアトピー性皮膚炎など)を発症しやすくなる。成人の気管支ぜんそくの患者に初めて発症した時の生活環境について聞いたところ、約90%の人が、発症の1年以内になんらかの生活環境の変化(入園や入学、結婚や再婚、妻や夫の死、定年退職など)を経験したという(吾郷先生)。こうした経験は心身にストレスを与え、気管支ぜんそくが発症する原因の一つになっている。心身両面から治療した患者の方がずっと経過がよい。ストレスを無意識の内に重ねると、アトピー症状のようなアレルギー疾患は悪化してしまう場合が多い。


■心の問題とアレルギーについて、 看護学校の学生十数人から、国家試験の一ヶ月前と前日に採血を行い、アレルギー関連ホルモンとして知られるヒスタミン(かゆみを引き起こす)の濃度を検査したところ、試験が近づくと共に大部分の学生のヒスタミンの濃度が増加していた(久保先生)。このことから、心の問題とアレルギー疾患は互いに無関係ではなく、アレルギー疾患の治療を行う際には、薬物治療だけでなく精神的な面からの治療がどうしても必要となる。
(ホルモンの科学 大石正道著より)


[▲目次へ]

パシーマ類の構成の違いについて
■パシーマキルトケット 脱脂綿・ガーゼを使った掛・敷両用の寝具。軽くて、薄くて、温かい。
洗濯するほど、肌ざわりがよくなる。
■パシーマパットシーツ キルトケットの2-3倍厚く、しわになりにくく、ベッドパット用の敷専用のパットシーツです。
敷くだけでずれません。


[▲目次へ]

周囲(布端部)のしまつ
インター付オーバーロック仕上げ      ヘム仕上げ
    
内側にインター付なので丈夫です。オーバーロックは洗濯すると、糸がしまり、1カ所切れても、ほつれにくくできています。シンプルですが、実用的です。      ヘム止めは、1本針で押さえてあります。通常は、針目が5~6mmですが、ほつれにくいように2.5~3mmにしています。ヘムは、安全にこだわって無蛍光のテープを使用しました。


[▲目次へ]

パシーマキルトケットのサイズ等
品番 名称 サイズ約(cm) 備考
#5800 パシーマキルトケットシングル 145×240 きなり、白、ピンク、ブルー 通常の洗濯で(天日乾燥)中綿のふくれにより、約5%縮みます。
シングルもひとまわり大きめにしています。
お一人でも、ゆったりするには、ダブルをおすすめします。
#5802 パシーマキルトケットダブル 180×240 きなり、白、ピンク、ブルー
#5805 パシーマキルトケット肩あったかシングル 145×140 145×240 きなり ホックで留めることで、ずれずに腹部まであたたか。
用途にあわせて折り曲げて使用もできます。
#5806L パシーマキルトケットジュニアプラス 120×207 きなり ジュニアサイズを約30cmつないでいます。
ベッドなどでも気軽に使いやすい大きさです。
#5806 パシーマキルトケットジュニア 120×180 きなり、白、ピンク、ブルー ジュニアサイズです。 大人でも夏場は、このサイズで十分です。
#5808 パシーマベビーシンプルキルトケット 90×120 きなり、ピンク、ブルー ベビーサイズは、ベビー用はもちろん、
バスタオルとしても、また、介護用に部分使用にも便利です。

品番 名称 サイズ約(cm) 備考
#5815B パシーマのバスタオル 70×130 きなり 薄めに作っており、軽くて、かさばらずお出かけにも便利です。
もちろん吸水性、速乾性、肌ざわりは抜群です。
#5809P パシーマのまくらカバー 46×68 きなり 43cm×63cmの枕用です。出し入れはファスナー付です。 頭、首の汗をよく吸います。洗うほど肌ざわりもよくなります。
#5817 パシーマのフェイスタオル 34×105 ピンク+きなり 吸水性もよく、シャンプー後の水取りや、お風呂上りの赤ちゃんの 体拭きにも最適です。 表と裏面異なった粗さのガーゼを使用。2つの肌心地を楽しめま す。
#5815 パシーマのふきん 30×40 きなり、ピンク、ブルー 安全素材で縮みにくい吸水性が良い。 各色あります。 赤ちゃんの背中にも。
#5815H パシーマのハンカチ・プチハンカチ 20×20 きなり 吸水性の良いハンカチ。赤ちゃんの口拭きに。
#5801 パシーマのおやすみあしふくろ フリーサイズ 足長29 長さ40 きなり 袋状になっています。2枚1組です。 締め付けません。 冷え症でお悩みの方に。 ひざ下まで入り、パジャマごと保温します。 一度セットすると、ファスナー上げるだけ。 夏の冷房でも快適です。 就寝用です。歩かないで下さい。
※ここにご紹介したのは一部です。詳しくは、「製品のご案内」をご覧下さい。
[▲目次へ]
Q パシーマパットシーツのサイズ(敷専用)
品番 名称 サイズ(約cm) 備考
#5600 パシーマパットシーツシングル 110×210 きなり シングルサイズ
#5610 パシーマパットシーツセミダブル 133×210 きなり セミダブルサイズ
#5620 パシーマパットシーツダブル 155×210 きなり ダブルサイズ
#5812 パシーマパットシーツジュニア 90×210 きなり、白 介護用ベッドサイズ。
#5813 パシーマベビーシンプルパットシーツ 80×120 きなり、白 ベビーベッド(ふとん)サイズ ベビー用はもちろん、
お子さまがお漏らしや嘔吐しても、 吸収量が多く、
お洗濯が楽です。
#5814 パシーマベビーシンプルパットシーツS 60×90 きなり、白 介護用に、おしりから背中の汗を吸い、しわにならず、
気軽に洗えます。気持ちよいと、大変喜ばれています。
エコノミーで介護用から、湯上がりマット、自動車の
座席シートにもどうぞ。 ※在庫分限りとなります。
#5814B パシーマバスマット 40×60 きなり、白 湯上がりマットに、下にすのこ様のマットを置くと
乾きがよくなります。 キッチンマットにもどうぞ。
※在庫分限りとなります。

品番 名称 製品サイズ(約cm) 備考
#5828M パシーマのくつしたすりっぱM 22.5~24 きなり 軽くて、素足ではいて 気持ちよい。ドンドン洗える。
#5828MH パシーマのくつしたすりっぱM
(ゴム付)
#5828L パシーマのくつしたすりっぱL 24.5~26
#5828LH パシーマのくつしたすりっぱL
(ゴム付)
※ここにご紹介したのは一部です。詳しくは、「製品のご案内」をご覧下さい。


[▲目次へ]

キルティング模様の種類
■格子柄キルティング
■まる柄キルティング
染色やプリントで柄を出すよりも、縫い目で出す模様の方が清潔だと考えています。
[▲目次へ]
龍宮のおすすめ利用法
平床寝台    寝ながらにして、背骨のひずみを正す板入り敷きふとん。
硬枕    寝て気持ちよく、頸椎を正す枕。
パシーマパットシーツ    クッション性と吸湿性を持ち、洗濯できるシーツ。
パシーマキルトケット    肌におやさしく。洗濯するほど気持ちよいケット。

以上、いずれも積極的に身体を癒し、健康を増進します。

※他に、パジャマ類もございます。
※平床寝台は、畳の上でも、布団の上でも、ベッドの上でも使えます。
※硬枕は、横向き可能なワイドタイプもございます。
※硬枕には、専用の枕カバーも用意しております。
[▲目次へ]
寒い冬の効果的なパシーマ利用法
首、肩をパシーマで覆い、すきま風を防ぎます。
上から、布団や、毛布を掛けます。
(布団とパシーマキルトケットがずれません)

上の写真からふとんをはずすと、下の写真の様になります。
※場合によっては、顔面までかぶるとマスク同様になります。
足元は、下の写真のように、パシーマキルトケットでくるみます。
とてもあたたかです。おためしください。自然なあたたかさ。
ご注意  パシーマ類はよく洗濯して、乾かしてからお使い下さい。
[▲目次へ]
龍宮敷について
 
3つ折りタイプは、収納、運搬に便利です。
板が全面に入っているので、頭の方向はいずれでも使えます。
重量的に重たいのが欠点です。
1枚板の少ないライトタイプもあります。
通常、乾燥させるには、屏風のように立てて置けます。

※板のあるほうが頭側です。
3つ折タイプ90巾 約11kg
3つ折ライトタイプ90巾 約 9kg
※使用の板は耐水性(T/1)、低ホルマリン(☆☆☆☆)を使用しています。
[▲目次へ]
龍宮枕(硬枕)について
硬枕は寝ながら頸椎の歪みを正しくします。

硬枕には、基本型とワイド型がございます。
 ワイド型は横向きになられる場合に対応しています。
 横向き時に、高くなるべき枕の高さを加え、耳部の保護もするように、両側にクッション性、通気性のあるカタワタを加えました。
 
硬枕の高さには、MとSとSSがございます。敷寝具の硬さにより、枕と身体の沈み込みが異なります。
 適正な枕の高さが分からない時は、SSをおすすめします。
 万一、高さが低くても、調整板、専用カバー等で補正できます。
 
 別途に、ワイド型には、調整板、小枕、専用カバーが付きます。
 基本型には、調整板、専用カバーが付きます。
 
■基本型
「骨高」とは中にある木枕の高さのことを指します。出来上がり寸法はそれより数ミリ高くなります。

■ワイド型
「骨高」とは中にある木枕の高さのことを指します。出来上がり寸法はそれより数ミリ高くなります。
ワイド型の写真

■小枕付き
小枕は、本体の裏でマジックテープによりとめられるようになっています。
マジックテープのとめかたにより、小枕の硬さを変えることができます。
小枕は、下がりすぎる後頭部を補助的に支える働きがあります。

■専用カバー
吸湿性の良いパシーマで出来た袋状のカバーです。
毎日、首の当たる所を変えて、気持ちよく眠れます。
一週間使用したら、洗濯して下さい。
格子柄、色はきなりとなります。
専用枕カバーの使い方の例
硬い方が良い場合
 
軟らかい方が良い場合、高さが低い場合の3重の例
軟らかい方が良い場合、高さが低い場合の5重の例
[▲目次へ]
龍宮枕(硬枕)の正しい使い方
※「私には合う枕がない」とおっしゃる方ほど喜んでおられます。

枕の当て方
硬枕は、首筋に当てて使用します。
顔面が水平か、少し下を向く程度で、首を左右に振って、気持ちよいところが、正しい位置です。

ワイド型では、横向きになれます。
◎硬いので不慣れな間は厚めにタオルなどを当ててください。
一日のうち、10分でも15分でも使うことが頸椎を正しくします。気楽に使ってください。

[▲目次へ]
龍宮枕(硬枕)のサイズの選び方
■龍宮敷(平床)を御使用の場合
カーペット、たたみなどの平らな所に横になって、顔面が、水平ないし5度ほど下向きになる時の高さを見つければ、サイズが決まります。このとき、首を左右に振ってみると、気持ち良いのでわかります。
枕の骨部のサイズ
SS 45mm
S 56mm
M 63mm
出来上がり寸法はそれより数ミリ高くなります。

■やわらかい敷き布団を御使用の場合
からだの沈み込みと、枕の沈み込みにより、実際に、その寝具に合わせる必要があります。 ご使用の寝具の上でお試し下さい。顔面が、水平ないし5度ほど下向きになる時の高を見つければ、サイズが決まります。このとき、首を左右に振ってみると、気持ち良いのでわかります。

■現物の龍宮枕(硬枕)でお試しできない場合
御使用になる敷き布団の上に寝て、仮の枕として、ビール瓶などにタオルなどを巻きつけて、第4頸椎に当たるようセットします。顔面が、水平ないし5度ほど下向きになる時の高さを見つければ、サイズが決まります。このとき、首を左右に振ってみると、気持ち良いのでわかります。ビール瓶などは、すべって第5,6頸椎にくることがあるので、すべらぬように、手で支えて下さい。敷き布団がやわらかい場合は、瓶の下に、小冊子等を入れてみて下さい。沈み込みが変わります。小冊子からタオルの表面の圧縮した高さを測れば適合するサイズがわかります。但し、枕の専用カバーなどを使用するので、少し低めをお選びくださり、微調整下さい。
ご参考
缶ビール 直径66mm
中瓶ビール 直径72mm
大瓶ビール 直径77mm
※現在調整板を添付しています。調整板を入れることで「SSからS」、「SからM」相当になります。 また、専用カバーで微調整できます。
立った状態で下を向いたとき、首の後ろでぽこっと飛び出ている骨が第7頸椎です。 そこから、骨を手で触っていくと、第7、第6、第5、第4・・・と数えていけます。
[▲目次へ]
調整板の使用方法は
●調整板を枕の下に添え、カバーの中にセットして枕の高さの調整をお試し下さい(約10mm)。
●調整板を添えない場合と比べて具合の良いほうを選んでください。
●万一、調整板が高すぎる時は、アイロンで押え、冷却することで多少低くすることができます。
●写真のように2ヶ所ほど首の当たらない所で輪ゴムやひもで調整板と枕を固定しますと、カバーからの出し入れが容易になります。
●高さの微調整は専用カバーの重ね方や、内部にタオルを敷く事でも可能です。
[▲目次へ]
パシーマのパジャマ類の種類
種類 パシーマのパジャマ パシーマのえりなしパジャマ
形状 えり付パジャマ えり無しパジャマ
特長 ◇二部式なので動きやすい
◇おしりもタップリ
◇えりを立てると気持ちいい※秋冬春先用
◇薄タイプ
◇中綿を特に薄く加工
◇えりがなく夏も快適
◇薄いのに冷えない
※春夏秋用
品番 #5844SS #5844S #5844M #5844L #5844LL #5845NSS #5845NS #5845NM #5845NL #5845NLL
サイズ SS (女性のS相当) S (女性のM相当) M (女性のL相当) L LL SS (女性のS相当) S (女性のM相当) M (女性のL相当) L LL
まる柄 まる柄
きなり きなり
身長 145~ 155cm 155~ 160cm 160~ 165cm 165~ 175cm 175~ 180cm 145~ 155cm 155~ 160cm 160~ 165cm 165~ 175cm 175~ 180cm
バスト 72~ 80cm 79~ 87cm 86~ 94cm 93~ 101cm 100~ 108cm 72~ 80cm 79~ 87cm 86~ 94cm 93~ 101cm 100~ 108cm
ウエスト 65~ 75cm 75~ 80cm 80~ 85cm 85~ 90cm 90~ 95cm 65~ 75cm 75~ 80cm 80~ 85cm 85~ 90cm 90~ 95cm
ヒップ ~100cm ~110cm ~115cm ~125cm ~130cm ~100cm ~110cm ~115cm ~125cm ~130cm
種類 パシーマの部屋着 パシーマのリラックスローブ
形状 ネグリジェ バスローブ
特長 ◇薄タイプ
◇シンプルではだけない
◇風通しがよく、夏もさわやか
※えり付・ひも付き
◇超軽量(タオル製の約1/2)
◇ゆったり、くつろげる
◇湯上りにもつかえる
◇病気の方も脱着容易
品番 #5832M #5832L #5837M
サイズ フリーサイズ
まる柄 まる柄
きなり きなり
身長 150~160cm 160~170cm 155~170cm
バスト 79~87cm 79~87cm 79~87cm
ヒップ ~120cm ~120cm ~100cm

※上記サイズは洗濯後の縮みを考慮に入れています。

※詳しくは、「製品のご案内」をご覧下さい。
[▲目次へ]