パシーマキルトケットの布端部について

パシーマキルトケットの布端部について

パシーマキルトケットの外周の布端部は、丈夫な製品にするためにオーバーロックミシンで仕上げています。

オーバーロックミシンは、前に進むことしかできず後進できないので、縫い終わりが外側に抜けています。インターの最後の糸の処理は糸を縫製工が指で結んで仕上げています。そのため小さな結び目ができますが、この結び目はパシーマキルトケットの標準の仕様であり、不良品ではありません。

オーバーロック縫製は、洗濯すると糸がしまるので、ほつれにくくなります。

使用に伴って布端部に糸が出る場合があります。糸が出ても使用には何の支障もありませんが、気になる場合は出ている糸だけを切り取ってください。しかし、インターの結び目は切らないようにお願いします。